コスパに優れた野立て看板!『7○7』の○は何が入るでしょうか?

コスパに優れた野立て看板!『7○7』の○は何が入るでしょうか?

ご無沙汰しております。酒と寿司と音楽と旅が大好きな、休日の方が忙しい営業の深澤です。

久々のブログになります。久々なので長文になってしまいましたが、最後までお付き合いください。

本当はタイムリーなネタでPVアップを狙おうと思ったのですが、そういうブログの書き方はゲ○の極みなのでベッ▲ーさんの話はやめておきます。

嫁の実家が宮城ということもあり、帰省のたびに海の幸をたらふく味わってきます。今回の年始の帰省では魚を満喫してきました~。特に冬は魚が美味しいですね(*´ω`*)

地雷也のキンキの炭火焼き

地雷也のキンキの炭火焼き

炭火焼 山塞料理 地雷也

食べ終わった後に残りの身や骨でスープを作ってもらえます。これで6000円くらいでした。(高い!)

サカナクション

サカナクション

サカナ違いですね(´・ω・`) 仙台サンプラザホールでのライブでしたが、前から7列目で最高の時間でした!

 

北辰鮨の寿司

北辰鮨の寿司

北辰鮨 仙台駅3階店

立ち食いのカウンターで朝の10時からお酒と寿司が楽しめます!1貫ずつ注文できて価格も良心的。のんべの嫁はアテ(つまみのこと)で注文しちゃったりします。例えば『なめろうをアテで』と注文すると小鉢に入って出てきます。ちなみに深澤のお気に入りは鮪の頭肉の炙りとトロの炙りです。中落ち軍艦のボリュームもハンパない…

 

個人的に食べ物の話がたくさんできて満足しましたし、タイトルからかなりそれてしまったので、話を戻します(`・ω・´)

旅好きということもあり、年に何回か新幹線に乗っております。新幹線の車窓からの景色にいつも気になる看板があるんです。

それがこれ↓

この看板なんですが... 727と書いてありますね

新幹線の移動中にずっとシャッターチャンスを狙っていたのに上手く撮れなかった(´;ω;`)

ブログタイトルの 『7○7』の○は何が入るでしょうか?(ヒント:新幹線 看板) の正解は…

『2』

でした~。みなさんわかりましたか?

 

看板を見て『見たことあるー!』と思った人も多いと思います。ちなみに東京⇔仙台の東北新幹線沿線の西側には自分が把握しているだけでも3個以上あります。わかりやすいところでは宇都宮駅付近(東京側・仙台側両方とも)に2個あります。他は新幹線内でお酒飲んで寝てしまったりしてるので記憶が曖昧です(´-ω-`)

こちらの看板がどこの何の看板かわかりますか? パチンコ屋?ホテル?スーパー? 全て違います。

 

727(読み方:セブンツーセブン)という大阪にある、美容室専売の化粧品メーカーの野立て看板です。727とは、創業者の誕生日7月27日にちなんで付けられた名前だそうです。最近まで知らなかったのですが、1945年創業のものすごく歴史のある会社です!

株式会社セブンツーセブン コーポレートサイト

同社の発表によりますと1979年に東海道新幹線沿いに設置したのが最初で、それ以降、新幹線の沿線にポコポコと野立て看板を設置していったそうです。今ではかなりの広範囲に看板が設置されております。深澤が京都旅行に行った時にも東京⇔京都でかなりの数を見た気がします。知らないうちに、頭の中に「727」が刷り込まれてますね。ちなみに設置されている看板の総数は非公表とのこと。

歴史のある727の看板ですが、2015年12月23日に同社より「野立て看板『727』のデザインを数基限定で変更する」と発表されました。新幹線に乗る予定がある方は、新デザインの看板を探してみてはいかがでしょうか?

みなさんもいろいろな場所で目にする野立て看板はコストパフォーマンスが良い媒体なのですよ!リベラルは野立て看板のデザインから設置もしておりますので、ご用命は深澤まで!