2020年12月、猫カフェデビューしました。

CD佐藤です。
某ブログで猫嫌いを語り
18万PVを集めた私が、
昨年末、仕事で猫のカレンダーを
作らせていただいたことに引き続き、
何の因果か、
猫カフェに行ってしまいました。

年末の週末だったこともあり、
混んでいることが予想されたので
電話予約をして行ったのですが、
他にお客さんはおらず、
「いかついおっさんが猫カフェに来た」と
若い女の子に後ろ指を指されることもなく、
15匹(だったと思う)の猫たちと戯れる、
癒しの空間でのひとときを
過ごすことができました。

一応カフェということなので、
受付横に据え付けられていた
ドリンクディスペンサーでコーヒーを注ぎ、
猫のいる部屋に持って入ったのですが、
テーブルに飛び乗ってくるやんちゃな猫に、
いつ蹴倒されるかヒヤヒヤもの。

猫カフェに、ドリンクは不要です。

初の猫カフェということと、
他にお客さんがいないということもあって、
店員さんがつきっきりで
猫の解説をしてくれました。

めちゃくちゃヤンチャで甘えん坊で、
向こうからスリスリしてくるのがわらびーちゃんで、
ずーっとブスッとしてるのが〇〇ちゃんで、
(わらびーしか覚えられませんでした…)
もふもふなのが〇〇ちゃんで・・・
顎の下を撫でたら喜ぶとか、
鳴きながら寄ってくるのは甘えたいから
抱っこしどきだとか、
十羽一絡げに猫といっても
いろんな猫がいるんだなぁという
当たり前のことに、
今更ながら気づかされることに。

といってもほとんどの猫は
夜行性につき、
お昼寝中でした。

楽しい時間にかぎって、
時の経つのは早いもの。

30分990円、以降10分ごとに220円という
ものすごく時間を気にしながらの
ひとときでしたが、
コロナ禍で殺伐とした日常のなか、
30分という短時間ではあるものの、
心豊かな時を過ごすことができました。

子猫は1週間レンタルも
しているということを聞いて、
ちょっと飼ってみても
いいかなぁと思ったのですが、
会計を済ませて店を出る前に
コロコロを渡され、
服を見てみると、
ズボンの裾に猫の毛が付いていました。

抱っこもしていないし、
2〜3匹の猫を撫でただけなのに
30分でこれだけ付くとしたら…

コロコロしないと服着られないし、
いい掃除機買わないといけないし、
糞尿の世話もあるし、
ダニやノミも気になるし、
臭いも気になるけれど
猫は水嫌いだから洗うの大変だし、
旅行時には預けないといけないし、
ソファやテーブル傷付けられちゃうし、
セコムの人感センサー
付け替えないといけないし、
ちゃんと面倒みるなら
猫より長生きしないといけないけど
先に死なれたらそれはそれで悲しいし—

やっぱりたまの猫カフェが、
ちょうどいいみたいです。

関連記事

新着記事

  1. 秋競馬がはじまってます。

  2. イカゲームにハマる

  3. 100円均一でミニジオラマ

  4. 雪見だいふくアフォガートと一杯5,000円??のコーヒーの話

  5. ダニよさらば。

  6. おかげさまで42歳アニバーサリー。

  7. 人生初の橋からの大ジャンプ

TOP