フォントを知らない人と「フォントかるた」で遊べるのか。


こんにちは、おつかれさまです。
デザイナー外山です。

いきなりですが、「フォント」を知っていますか?
世の中には看板や紙面・画面上などで、
様々な特徴ある文字を目にする機会があると思います。
(「ゴシック体」とか「明朝体」とか…)
そのデザインされた文字のことを「フォント」と言います。

世の中に無数に存在するフォントから48書体を選出し、
かるたになったものが「フォントかるた」です。

グラフィックデザイナーのせきねめぐみさんが
自分たちで遊ぶために作ったものが話題になり、商品化したものです。
デザインフェスタで偶然見つけて、購入しました。

「フォントかるた」
https://www.fontkaruta.com/

取り札を広げるとこんな感じ。

「愛のあるユニークで豊かな書体」(例文)が様々なフォントで書かれています。
札の裏面にはファント名が記載されています。

読み札には、

  • フォント名
  • 特徴
  • フォントで書かれた例文

が記載されています。

「フォントかるた」で遊んでみた。

先日、私と友人のKとOと遊ぶ機会がありました。
KとOはデザイナーではありません。
2人とも大のゲーム好き。いろんなゲームにチャレンジ精神旺盛なので、
ここで「フォントかるた」を勧めてみました。

2人はフォントについては詳しく知らないので、
今回は私が読み手に徹し、2人にフォントを探してもらい、
多く札を取った方が勝ち。というルールにしました。

かなりマニアックかるたなので日々フォントに関わっていない人からしたら、
なんだよその微妙な違いは!と思ったり、
わっからーーんっと飽きてしまう恐れがあると思いました。

なので私は読み札以上に特徴を言ってみることに。
「『ユ』の一画目が他のフォントと違って、右上がりになっています。」や、
「特徴の『明るい』とは『文字間が広くて・軽さがある』ということです。」など、
読み札の言葉をより具体的に、ヒントを工夫してみました。

そうしてみたところ、
ゲーム好きな2人はすぐに広い心で興味を持ってくれ、
なるほどね!フォントの世界面白いわ~。と
マニアックな話を面白がってくれました。
楽しんでもらえたようで、よかった…。^^

帰り道、ある看板の文字がかるたで出てきたフォントだったので、
「あれ、丸フォークだよ。」とKに言ったら、
本当に身近にあるんだ…!と感動してもらえました。

結論、「フォントかるた」は、誰でも楽しむことができそうです…!
フォントの魅力を伝えることが大切ですよ。

実は、48書体ではすぐに満足してしまうと思い、
「拡張パック風雷」も購入しました。笑

今年のクリスマス~お正月は、家族や友人とかるたで遊ぼうと思います。
おわり