工業系パンフレットでもOK!オリエンシート制作方法


いろいろ考えてきましたが、そろそろまとめとして、広告物をつくるための依頼書を作ってみましょう。 広告物を作る際、制作を依頼する協力会社に説明する場をオリエンテーションと言います。その場で話す依頼内容を書面にまとめておきましょう。内容をみていきます。 まず、    ○予算  ○媒体と体裁  ○提案希望日  ○納品日  ○納品場所や方法 ですね。基本的には、これらは、広告依頼主側が決定すべき内容です。社内できっちり確認しておいて下さい。 媒体と体裁は、おおまかな予算と内容がわかれば、ご提案も出来ます。 提案のご希望日に関しては、要相談ですが、ざっくり言いますと、モノによりますが2週間ほどあれば、だいたい大丈夫かと思います。 でも、A4のチラシで、原稿や掲載内容が決まっていれば、2~3日など、急ぎで対応できるケースもありますので、どこの会社さんも、ご相談いただければ、というスタンスだと思います。

さらに加えて、以下の内容も検証しておきたいです。 オリエンテーションに必要な書類のイメージ

 ○広告・プロモーションの目的  ○商品・サービスについてアピールしたい事ーUSP  ○ターゲット・その特性  ○商品・サービスのおかれる環境・課題 今まで見てきましたので、これらも書けるはずですね。 自社の商品や、何のためにお金を出すの?というところ。当然、広告主としては明確にしておきたいですね。~お金を出すのに、何のために作るのか???~なんてシャレにもなりませんからね。 ただ、これらは市場の状況やターゲットマインドに左右される部分でもありますので、厳密にはご相談いただいても良いかと思います。

以上の要素に関しては、極力、広告主としてまとめておきたい事項になります。なぜなら、これらの事柄が不明確であるならば、表現等の提案を受けても、良い悪いをジャッジできないと思いますし、またこれらの事案、懸案事項が無ければ、貴重なご予算を投じて広告、プロモーションをやろうという事にもならないと思いますので。 決して、広告会社、制作会社で考えるのが面倒だから、、などといった理由ではないことをご理解ください(笑)。どんな業種でもそうだと思いますが、まずはお客様のニーズありき、ですから。

保存

保存

保存