Apple Watchがちょっと欲しくなった件

Apple Watchがちょっと欲しくなった件

こんにちは。
毎日暑いですね。

少し前ですが、出ましたね、Apple Watch。
初めは文字打てないし、充電しょっちゅうしなきゃならないし、絶対いらないと思っていた企画営業課の鈴木です。

あくまで「思っていた」です。
それが一転、今は欲しいかもと思っています。
一体なぜでしょう…?

不覚にもCMに心を動かされてしまったんです。
Appleは秀逸なCMが多いですが、今回のApple WatchのCMはこれまで以上に素敵だと思います。
では、ご覧下さい。
※画像をクリック!

Apple Watch Filmへ!

時計がコミュニケーションツールになるというマンガのような話が現実となり、Apple Watchが生活の一部となっている様子を映したCMです。
ラストの、「そのときが来た。」というキャッチコピーがキマってますねー。

初めて見たとき、かっこいい!さすがApple!と思い、同時にCM中の人達のようにApple Watchをスマートに使いこなしたい!とナチュラルに思いました。

商品特徴の説明や価格の訴求もなく、ただ使用シーンを流すだけのCM。
シンプルだからこそ共感が得られるのかもしれません。
心を動かされるCMというのを久しぶりに見た気がしました。

広告費が削減傾向にあり、良いクリエイティブに対し高い費用をかけるという考えが薄くなってきている実感がありましたが、
クリエイティブによって人の心を動かすことはまだまだできるのかもしれませんね。

私自身センスを磨くのはもちろん、弊社クリエイター共々、心に響くクリエイティブを創れるように精進していかなければと感じました。
ただ、前回のブログではApple Watch微妙でしたね。。。笑