プラモの「紙」

昨年12月初旬、あるプラモデルを注文しました。

大戦中に活躍したアメリカの戦車でM4シャーマンというモデルですが
ロシアのズヴェズダというメーカーの新作プラモです

で、まあご存知の通り色々ありまして
遅れに遅れてつい先日(4月初旬)手元に届きました

丸文字系フォントやデザインや絵柄はさておき

このパッケージが非常に興味深く、ガサガサデコボコの紙に
とろっとした手触りのテカテカコーティングがされていて
なんか触りたくなるパッケージ。

文章で表現するのは難しいですが…

写真でわかりますかね…。

日本法人はない…のかな?
ところどころロシア語に英語が併記されていますが

なんか大事そうなところはロシア語のみ
速報値/曲げる…と書いてあるっぽいですが
速報値とは…。

中身もそこまで分割するかっていう「粉々」レベル

 

他メーカーのパッケージも見てみましょう

我が国タミヤのパッケージ

安定の平滑度

ランプシェードと電球の区別がつきます。

モデルも安定の仕上がり

 

中国『MENG MODEL』(正式にはモンモデルと発音するらしい)

つや消し系で素材もボール紙

取説も中国語、英語、日本語にロシア語併記

組み立てるとこう

 

カーモデルですがアメリカのパッケージ。
実に素っ気ない。まあアメリカっぽい

中身もほぼ青一色で素っ気ない

 

紹介した中でアメリカのもの以外
同じ系統の戦車モデルなのですが
パッケージだけを見ても個性があって
たいへん興味深いです

ウクライナ情勢は非常に残念ですが
早く解決の方向に向かうことを願います

ウクライナにも世界的に有名なプラモデルメーカーが
いくつもありますので情勢が落ち着いたら是非入手したいです

ではまた

関連記事

新着記事

  1. 20数年間、共に生きてきた愛するモノとの別れ

  2. ゴールデンウィークの恐怖

  3. iPod生産終了と聞いて

  4. メタヴァースが気になった。

  5. ロカボ生活、始めました。

  6. ご挨拶兼はまっているゲームの紹介

  7. 前の家から車で3分のところに引っ越しました。

TOP