東京ラーメン日記【@高田馬場】


こんにちは。

”エセ”ラーメンブロガーの鈴木です。

今回は学生とラーメンの街、高田馬場にある「麺屋武蔵 鷹虎」に行ってきました。

■麺屋武蔵 鷹虎
http://menya634.co.jp/storelist/takadanobaba/

 

「麺屋武蔵 鷹虎」のつけ麺は、学生街らしく小盛から特盛りまで同額という価格設定。
なんと1キロまで無料で増やすことができます。

いやはや麺1キロって凄いですよね、ちなみにこれは茹で前の重量です。
茹でた後は水分を吸収して約1.5倍になるそうなので、1.5キロです。
やばいですよね?
家に1.5キロのダンベルありましたけど、あれを腹のなかにぶち込むようなものです。

ちなみに東京にはもっと凄まじいデカ盛りつけ麺が存在します。

 

水天宮前にある「つけ麺 隅田」


画像引用:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13051017/dtlrvwlst/B111423994/

隅田盛りはなんと2,000g!!

 

そしてそれをさらに上回る「梅もとのつけ麺」、クレーター盛。なんと3,750g!!


画像引用:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13150124/
※既に閉店してしまいました

 

「クレーター盛」を完食すると“永久(終身)無料”になるサービス券がもらえたみたいです。ちなみにギャル曽根はクレーター盛りを残り2玉(300gくらい?)まで食べたという噂も。

そういえば、自分が生まれた時の体重が3700gくらいだったっけ・・・

いやー人間てすごいですね。

僕はビビリなので、ネタ作りの為とはいえ、1キロの麺は絶対食べきれないし、
残したら店主に怒られそうだし、もし万が一食べられたとしても身体がぶっ壊れそう・・・
という危機回避能力が発動し、無難に大盛り(300g)を頼み、とっても美味しく頂きました。

 

大人な僕は知っている。
美味しく食べられる量が一番。

それではみんな、see you next 拉麺!


▼4月に新しい営業PR動画をアップしました!ぜひご覧ください。▼