トンボ鉛筆とセブンイレブンの色彩が商標登録


3月も始まりまして、少しづつ暖かくなってきた感があるような、ないような。デザイナーIです。

3/1のニュースです。特許庁は色彩のみの商標を初めて認定したと発表したようです。

トンボ鉛筆(東京都北区)の消しゴムの青、白、黒の3色柄(http://www.tombow.com/brand/mono/)と、セブン-イレブン・ジャパンの白、オレンジ、緑、赤の4色柄(http://investorz.club/1098)の2件が初認定を受けたとのことです。

色彩だけでも商標登録を認めることで、企業の知的財産を保護し、多様なブランド戦略を後押しする狙いがあるそうです。

今回は、長年にわたる色彩としての使用実績により、顕著な識別性を有すると認めたとのこと。

改正商標法が平成27年4月1日に施行され、これまで文字や図形、記号、立体などに限られてきた商標の対象に、音や色彩、動きなどが加わったそうです。

■改正商標法 – 新しいタイプの商標の保護制度について(特許庁)
https://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/new_shouhyou.htm

色の商標は区別が難しく、販売実績や市場の独占率、使用期間などを基準に認定する。

特許庁によると、2月20日現在で、1,494件の出願があり、ウルトラマンをイメージさせる円谷プロダクションの赤と銀色の組み合わせなどが審査中となっているとのことです。

 

仕事柄、なかなか興味深いニュースでしたので取り上げさせてもらいました。権利関係は複雑で難しいですね。。。

トップ画像出典:株式会社セブンイレブン・ジャパン、株式会社トンボ鉛筆