最近の若者は酒もタバコもギャンブルも車も興味がなくて…


こんにちは。二見です。

みなさん突然ですが、ふと息抜きをしたいときにどういったことをしていますか?
友達としゃべったり、家で昼寝をしたり、ジムで身体を動かしたり、前回のブログではないですがギャンブルに興じたり、色々あるかと思います。

「最近の若者は酒もタバコもギャンブルも車も興味がなくて…」

みたいなことをよく言われますが、実際はどうなんでしょうか?

僕個人の友達や会社の人でなんとなく割合を出してみます。

 酒 95%
 タバコ 30%
 公営ギャンブル(パチンコや競馬など) 10%弱
 車 35%

お酒は体質が苦手な人以外は、みんな飲んでいるイメージ。

タバコはどのコミュニティでも吸っている人はいますが、
思っていたよりも多くはない印象です。

パチンコや競馬に関してはほとんどいないですね。

車は僕の大学の友達では、都内に住んでいる人が多いためか、
持っている人は少なかったです。

こう見ると、お酒は飲むけど他はちょっと…みたいな人が多い感じですかね。

私の父の世代になると、お酒以外の3つの項目の割合も多かったという話をよく聞きます。

ということで実際に父とその友人・知人にも聞いてみたところ、こんな結果に。

 酒 95%
 タバコ 60%
 公営ギャンブル(パチンコや競馬など) 60%
 車 80%

聞いて驚いたのが、昔は職場のデスクに灰皿が置いてあったこと、
競馬の人気がなかったこと。

そしてさらに前の時代になりますが、
薬物等に関しても今より規制が緩かったこと、等々。

いまでは考えられないくらい、
当時(ン十年前)の息抜き(?)はユルかったんですね。

まいふぁーざー
写真引用 http://bokete.jp/odai/1024312

ちなみに父はばりばり葉巻を吸います(笑)。

ちなみに海外では、日本よりもタバコやギャンブルの規制も厳しくて、
タバコの価格は2倍、カジノに関してもドレスコードが必要だったりします。

日本も2010年にタバコの価格が大幅に上がったり、
屋外では吸えず、しかも喫煙所が減っていったり。

競馬こそタレント起用などの広報活動のかいもあって、
売上は上がっているようですが、
車・パチンコ業界はあまり元気のない状態です。。

果たしてブームが再来することはあるのでしょうか?
今後の動向に注目です!
ブーム復興のためにも広告を!プロモーションを!とお考えの企業の皆様、
私にお声がけください!
よろしくお願いします!