全米ケーブルTV史上最高視聴率!ウォーキングデッド6、後半スタート!ミショーン無双。

全米ケーブルTV史上最高視聴率!ウォーキングデッド6、後半スタート!ミショーン無双。 - 広告生活
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

J:comヘビーユーザーのCD佐藤です。

ウォーキングデッド、シーズン6の後半がCSで始まりました。
ウォーキング・デッド シーズン6|FOX ネットワークス

新番組のチェックをし忘れて、シーズン6がはじまっていたのを完全に見逃していたのですが、
週末に1話から8話まで一挙放送していたのを録画して、1.3倍速で一気見。
後半スタートに間に合いました。

全米視聴率ナンバーワンという、大人気のシリーズ。
ウォーカー(ゾンビ)がはびこる世界でのサバイバル・ドラマなのですが、
ほとんどの人が生理的に受け付けられないはず。

もともと、「死霊のはらわた」や「エルム街の悪夢」といったスプラッター映画が大好きな私でも、
シーズン1を途中まで見て、あまりにグロいシーンばかりが続くことと、
まったく救いのない、ただただ滅入るストーリーにうんざり。
続きを見るのを止めてしまいました。

ところがシーズン2がはじまり、ドラマの評判がめちゃくちゃ良い。
メディアでも絶賛してる。
海外ドラマ・マニアとして、やはりこれは見逃せないと思ってあらためて見はじめてみると、、、

やっぱりメゲる。。。疲れる。。。

でも、少しずつ先が気になりだしてきて、気がついたらどっぷりとハマってしまいました。

ゾンビのグロさはどんどんエスカレートしていくし、
ストーリーはまったく救いのないエピソードの連続。
人間も、エゴをむき出しにした嫌な奴ばかり。

主人公の元保安官リックにしても、リーダーとして仲間を率いてはいるものの、決断力も判断力も微妙。
意外と頼りにならなくて、始終イライラし通し。あまり魅力がありません。

その奥さん役は、プリズン・ブレイクのヒロイン、サラ・タンクレディを演じていたサラ・ウェイン・キャリーズ。
プリズン・ブレイクでは、

(この先ネタバレ。反転してお楽しみください。)


出産のためドラマ出演を続けられなくなって、途中で首を切り落とされ、死んでしまいます。
がその後、ドラマの人気が落ち始め、ストーリーがマンネリ化し出したところで、まさかの復活。
切り落とされた生首はサラに間違いなかったはずなのに、
別人の首を見間違えたことになり、生き返ります。

ところがウォーキングデッドでは、娘を出産直後、ウォーカーに食べられてしまいます。
死者がゾンビとして生き返る世界で、生き返ることができませんでした。



(ネタバレここまで)

その後も、主要だと思っていた登場人物が、次から次へと死んでいく。

ウォーカーもどんどん増えていき、人間の敵も倒してはまた現れる。

どこまでいっても見つからない安住の地、
主人公以外は、次に誰がいつ死ぬかわからず、
登場人物はどんどん死んでいき、入れ替わっていきます。

この先、宇宙にでも飛び出さなければ、救われることもなさそうです。

でも、一度ハマってしまったら、世界の終わりの世界から、もう抜け出すことはできません。

もはや、人間がウォーカーに食われるシーンが、快感に、、、はなりません。

さすがにグロすぎるシーンは、目を背けてしまいます。

シーズン6でも、グロさ爆発。
なのですが、かつては1人のウォーカーとの戦いに手を焼いていたのに対して、
ウォーカーのインフレ化が進み、何百体というウォーカーが襲ってきて、
そいつらをぐっちゃぐっちゃと倒しまくっていきます。

特にダナイ・グリラ演じるミショーンのはっちゃけぶりが気持ちいい。
長い刀でばっさばっさとウォーカーの首を切り落としていく、まさに戦国無双ゾンビ編。

ノーマン・リーダス演じるダリルもカッコイイ。
主人公のリックは相変わらず、大切な人を誰も守れず、へなちょこ過ぎです。

とりあえずストーリーは大きな山を越え、新たな展開へ。

シーズン7も制作決定しているので、まだまだ先は長く、
当分終わりそうもありませんが、取り急ぎ来週が待ちきれません。

オススメ度:0
よっぽどグロいのが好きでなければ、見ない方が精神衛生上、良いと思われます。

ハマリ度:100
でも、シーズン1を見てしまったら、二度とこの世界から、抜け出すことはできません。

ちなみに、バットマンの前日譚「GOTHAM / ゴッサム2」
羊たちの沈黙のハンニバル・レクター主演の「ハンニバル2」
映画の後日談となる「マイノリティ・リポート」
スーパーマンのスピンオフ「スーパーガール」も現在絶賛視聴中。

3月1日時点でまだ第1話目ですが、「スーパーガール」がかなり高ポイント。
これからの展開に期待大です。

ケーブルテレビ局のみなさま、
海外ドラマ・ガイドブックの制作は、ぜひリベラルにおまかせください。