くだらない世界一


デザイナーIです。

2018年5月。
GWの暖かさとは一転、長袖でも寒いぐらい。

というわけで特にこれといった話題もないので、
思いつきなのですが「くだらない世界一」を調べてみました。

無数にあるので、日本人限定にしてみました。

「世界一長いモヒカン」

日本人ファッションデザイナーの渡辺一祐さん。
その長さは約113cm。

手が狐。

 

「世界一巨大フラフープ回し」

神奈川県横浜市「こどもの国」にて行われた
『まわすことのできた最大のフラフープ』は山田祐也さんの5.14 m。

スローモーションの必死さ。

 

「世界一ウォーリーだらけ」

長崎・ハウステンボスでは、2017年10月8日(日)、
「ウォーリーをさがせ!」のウォーリーに仮装した人々が4626人。
ちなみにウォーリーの定義は

  • 赤白ストライプ柄の長袖Tシャツ
  • メガネ
  • 赤白ストライプ、赤のポンポン付きのニット帽
  • 青いジーンズ(短パン不可)
  • 靴の種類は問わないが、サンダル、スリッパは不可

といった厳しい条件

圧巻。

 

「世界一1分間で目の上で左右に転がしたサッカーボール最多数」

フリースタイルフットボーラーの吉永勇希さんです。彼が達成した、その回数は、なんと1分間に189回。

記録員がいい味、出してます。

とりあえず以上です。
くだらないとは言いながらも挑戦するってすごいですね。