兼子の映画紹介


営業3年目の兼子です。ご無沙汰しております!!!

今回は久しぶりに映画の紹介をしていきたいと思います。

 

アウトレイジ

 

こちらの映画ですが、全員悪人のコンセプトの名の通り、全員がかなり悪いです。

ヤクザ物の映画はすでにたくさんあると思うのですが、どこかしら義理や人情味あふれる場面が挟まれます。

しかしながらこの映画では人情などは描かれず、ひたすら権力争いや抗争、裏取引が描かれています。

その潔さが逆にかっこよく、リアルさが際立ちます。

 

青鬼

最近、ゲームの青鬼にはまっておりまして、それに引っ張られて映画も見ました。

ストーリーは映画もゲームも、古い屋敷に閉じ込められ、そこにいる青鬼からひたすら逃げるといったものなのですが、映画はゲームの内容が忠実に再現されていて、ゲームから入った僕としては嬉しいシーンがたくさんありました。

ぜひゲームも映画も楽しんでみてください。

 

亜人

こちらもマンガ・アニメが原作で、決して死なない新人類亜人と、人間たちの戦いが描かれています。

マンガの内容をうまくまとめ、かなりハイスピードでストーリーが進んでいくので、飽きるところがありません。

特にアクションシーンに関しては素晴らしく、実写映画としてはかなり成功していると思います。

 

ぜひ見てみてください!

また映画の紹介しますね!