PENが壊れた!


デザイナーKです。

2014年だったと思うのですが、決起会のビンゴで当たった愛用カメラの「OLYMPUS E-PL5」

が。

前回の旅行に持っていくつもりで確認したところ、液晶モニターが真っ暗。
電源を入れ直しても真っ暗。
ひっくり返しても電池を入れ直しても真っ暗。

前週にはなんともなかったのですが…。

右上の青い電源ランプは点灯。
晴天下で見ると画面自体は表示しているようなので、どうやらバックライトが消えているだけのよう。

オリンパスのサイトで調べてみるとウェブで修理申し込みができるらしい。

概算で最大22,000円とな…。
ともあれ気に入っているカメラなのでとりあえず症状を書き込んで申し込み。

提示された発送方法に従って本体を送ります。

しばらくするとメールで修理見積もりが届きます。
お。思ったより安い!

申し込みの際にオリンパスの“フォトパス”会員に登録したので1,200円割引になっています。
帰りの送料も込みで12,744円。

ちなみに問題の液晶パネルの代金はなんと500円。
作業工賃は当然一番かかるとして、いつの間にか外装が歪んでいたらしく、これが3,500円。そっちかよ。

この時点で修理を申し込むか、やめるかを選択することができます。
もちろん修理をポチりました。

/終わったら呼んでー╲

2週間ほどかかったでしょうか。
発送の連絡がありました。

航空貨物?
送ったの八王子だけど飛行機で来るの?

/まだかなー╲

 

来ました!
修理代は代引き扱いで受け取り時に現金で支払いました。

全体的に綺麗になってる。

/よかったねパパちゃん!╲

これでまたたくさん写真を取りたいと思います。
めでたしめでたし。